FC2ブログ

ボウリングボウルのメンテ

ボウルのチップがかなりヘタってきたのでチップの交換をした。
このチップがヘタってくるとゆびの引っ掛かりがなくなってすっぽ抜けてしまいボウルコントロールがうまくいかない。
チップのサイズはボールを作ったプロショップにマイボウルのサイズのデータがあるので間違いなく入手できる。
DSCN7647.jpg
DSCN7648.jpg

DSCN7660_201909181246474eb.jpg

DSCN7661.jpg

レインボーワールド

一昨年前にオープンしたボウリング場です。
アミューズセンターというかレーンのオイルメンテなど不満な部分もあるが、一番近場のボーリング場なので利用している。プレミアムピッタリ賞などの景品もある、300点パーフェクト達成するとスクーターが貰えるのだが・・・。
DSCN7596.jpg

DSCN7598.jpg

DSCN7595.jpg

ボールポリッシャー

某ボーリングセンターに設置してあるボールポリッシャーで磨いてみました。
このようなマシンで磨くのは初めてなので破損しても良いボールで恐々実験?
5分程でピカピカに研磨はできている!
これでキレの良いボールに変身してくれるかな・・・今週の大会で試してみよう!
KIMG0120.jpg
↑恐々セットする?
KIMG0124.jpg
↑5分待って、ピカピカに研磨完了

閉鎖になるボウリング場

行きつけのボーリング場が5月10日で閉鎖されるという突然の知らせ!
ボーリング場の経営者が代わり新たに7月上旬に再オープンするそうだ。
現在のボーリン場スタッフはボーリングに関するスキルも高く専属プロもいただけにレーンもきっちりと競技用レーンとしてメンテされていた。経営者が代われば定例のボーリング大会もなくなるだろう。どのようなボーリング場に生まれ変わるのやら・・・?。お世話になった現スタッフと専属プロには経営者が代わってもそのままいて欲しいと思っているが・・・。
DSCN3306.jpg

DSCN3308.jpg

ボーリングボールの研磨作業(サンディング)

ボーリング歴が浅い私だが、周囲にはボーリング歴30年というプロ並みのボーラーもいて、お下がりのボールをいただくこともある。今日はいただいたボールをボーリング場スタッフにお願いしてサンディングの仕方を教わった。
DSCN2832.jpg
ボールに付着したオイルをアルコールでふき取り、ボール表面と研磨パッド(1000番)にも十分水分(アルコール)を含ませる。
↑上の写真はボールは表面がツルツル状態で摩擦抵抗が少ない状態。
DSCN2834.jpg
ボールの表面をパッドでまんべんなくこすり研磨していく。親指の穴はテープが貼ってあるのでテッシュなどでふさぎ水分が入らないようにする。
1000番のパッドで研磨した後、一度ふき取り、更に細かな目のパッドで仕上げの研磨作業を行い2層の仕上げとする。(これがコツ!らしい)
DSCN2835.jpg
最後に研磨したボールの表面をアルコールでふきあげると出来上がり。
ツルツルの光沢がなくなり適度な摩擦抵抗ができて曲がりやすいキレのよいボールが完成、50ゲーム位は持つようだ。
次回は一人でボールのサンディングもできそうだ、いい勉強になった!
プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身。
現在は東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード