FC2ブログ

メダカの孵化

3日前ほどに孵化したメダカを確認、しかし小さすぎてコンデジでの撮影は不可!
成長が早いもので、今日はしっかり確認できる大きさに成長、それでもカメラで追うのは難しい。
何枚か撮って何とか射止めました。
DSCN7883r.jpg
稚魚のお腹にある栄養袋は3~4日はもつそうです。
成長を助けるには稚魚専用のエサ(蘇生ワムシ)を与えます。
DSCN7887.jpg

DSCN7888.jpg

メダカの産卵

メダカは暖かくなり水温が25度位になると産卵が始まる。いつもこの時期は産卵のシーズン。
DSCN7793r.jpg
沈めておいた産卵床「水草」は卵が見えにくいので「細かなネット」を使用。
透明なブドウのようなのが産み付けた卵です。
DSCN7798.jpg
親メダカと離しておかないと親が食べてしまうので別の鉢に移して孵化するのを待。
赤、白、黒メダカを一緒に飼っているのでどんなメダカが産まれてくるのか楽しみ。

我が家のメダカ

白メダカ以外に黒メダカが4匹入っているけど水面近くまで顔出すのは3年目の白メダカだけ。
メダカは眼が上に付いているので思わず視線が合ってしまいます、何か言いたいのかな?
・・・うん?メダカ君からの声が聞こえた!
(メダカ):コロナで大変やろが、あんたらの社会では桜や花々は咲くし冬眠明けの生き物も顔を出すやろ、
人間には知恵があるから、こんなもん乗り越えられる、もう少し辛抱して頑張りや!
(私):そうやな!おまえも長生きしてや!

DSCN7787_202004281308021ea.jpg

我が家のメダカ

冬眠明けの我が家のメダカもやっと本格的な春の訪れに気が付いたのか活発に泳ぎ回っている。
DSCN7711.jpg

DSCN7714.jpg

DSCN7718.jpg

3世代目のメダカ

久々のブログ更新です。
最近は室内スポーツのボウリングクラブに入会して大会や世話役の仕事などで結構時間がつぶれます。
今年はメダカが産卵してからも、水槽を分離せず同じ水槽の中に放置していましたが。5匹の黒メダカが喰われずに生きのびています。3代目のメダカになります。
DSCN7592.jpg

DSCN7583_20190731113228f95.jpg

DSCN7582.jpg
プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な
佐賀県嬉野町吉田出身。
現在は東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード