嵐山までサイクリング

第二京阪道路~木津川・桂川自転車~嵐山までサイクリング(5月5日)。
DSCN4652.jpg
第二京阪道路、京都方面への通行量がいつもより多く感じられる。
DSCN4656.jpg
「流れ橋」修復が終わり開通していた!
DSCN4668.jpg

DSCN4673.jpg

DSCN4718.jpg
家族でサイクリングを楽しむ・・いいね!。
DSCN4686.jpg

DSCN4693.jpg
GWも明日まで、嵐山も観光客で賑わっていた。
第二京阪道路の側道沿いを走れるようになり嵐山まで近くなった(往復105km位)。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

嵐山サイクリング

清滝峠(163)~磐船街道(168)~第二京阪(自転車道)~流れ橋~御幸橋~嵐山。
PICT1824_20100410201641.jpg
今日は北!、清滝峠(前方)からのルートです。右手は恩智川です。
PICT1828.jpg
ここら辺までがキツイですが、坂は頑張らないでゆっくり上ること!。
PICT1827.jpg
この先は緩やかになります。
PICT1829.jpg
ほぼ上りきった清滝峠からの展望です。
PICT1832.jpg
清滝街道にある墓石タイプの珍しい道標。
PICT1834.jpg
磐船神社です。
PICT1837.jpg
第二京阪道の自転車道を八幡まで走ります。
アップダウンの多い自転車・歩行者道です。
PICT1839.jpg
流れ橋の修復状況です。
PICT1842.jpg
5月末には渡れるそうです。
PICT1843.jpg
今日の木津川自転車道はサイクリングを楽しんでいる人が多かった。
PICT1845.jpg
流れ橋の休憩ポイント、サイクリストの憩いの場です。
PICT1851.jpg
御幸橋の背割堤の桜、花見客もいっぱいでした。
PICT1848.jpg
桜のピンクより、菜の花の黄色がなぜか?新鮮、木津川沿い。
PICT1853.jpg
桂川の自転車道沿い。?どこかで見かけたモールトンが走ってる。
PICT1852.jpg
真っ赤な桃の花(すもも)です。
PICT1855.jpg
ここら辺から自転車道ではなく桂川沿いの一般道を走るほうが早い。
PICT1856.jpg
嵐山到着です。観光客の多いこと・・。
PICT1862.jpg
クロモリ?人力車。
PICT1861.jpg
季節外れの落柿舎です。やっぱり「柿」がないと・・・。
PICT1863.jpg
桂離宮の近くにある和菓子の美味しい「中村軒(なかむらけん)」。
PICT1875.jpg
本日の走行距離118km。

嵐山、落柿舎

京都嵯峨野の「落柿舎」までサイクリング。

嵐山
渡月橋
釣り人、大きな鯉を見かけました。

奥嵐山
保津川下り。

人力車
人力車は乗り心地優先でフレームはクロモリです?。

落柿舎(らくししゃ)
俳人で蕉門(しょうもん)、いわゆる松尾芭蕉の門下の一人であった向井去来(きょらい)が閑居した跡といわれています。
そのいわれは、商人が庭の40本の柿の買い入れを決めて代金を置いて帰ったけれど、その夜の嵐で柿の実が全て落ちてしまったことから生まれたといいます。師匠でもある松尾芭蕉もこの落柿舎を訪れています。その主の向井去来は長崎に向井玄升の次男として生まれます。その父の上京によって聖護院に住み文武両道に通じた人物だったといいます。落柿舎はその彼の別荘だったそうです。(CP)

落柿舎8
こういう別荘もいいですね。

落柿舎4
小さな門を入った目の前の壁には、主人の在宅を知らせると云う蓑と笠が掛けられていいます。
蓑と笠もかかっていましたが、・・主人は不在でした。

落柿舎5
・・ん?

落柿舎6
上を見上げると・・。

落柿舎7
かやぶき屋根と柿の木、風情があります。

落柿舎2

落柿舎9

落柿舎3

落柿舎1
プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身、現在は大阪府東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード