水郷の里(御領)まで出かけてきた

大東市の御領(ごりょう)には昔の水郷の跡が残っている。
この地域は昔は低湿地のため水路が縦横に走っていた、水害時においても浸水を防ぐため農作物や生活用具などをより高い位置に避難できるように一段高い石垣の上に倉が建ち、水路沿いに舟から物資を出入れできるような造りになっている。
DSCN8126.jpg
もうひとつ手前にあった古い造りの倉は取り壊され新しい建物が建っていた、前に訪れたときと少し風情が変わっていた(史跡が消え残念だが、仕方がない・・)。
DSCN8128.jpg
水路沿いに舟から物資を出入れする階段。
DSCN8135.jpg

DSCN8140.jpg
水路横の階段は昔の船着場の跡。
DSCN8143.jpg
水郷の近くには菅原神社があり鳥居を覆うような大きなクスノキが見事だった。

水郷の里、近郊ポタリング

今日は天気予報では午後から雨、ママチャリで近場の水郷の里へポタリングに出かけてきた。
PICT1499.jpg
大東市のJR住道駅の近く、住道本通商店街の外れにある古堤街道の道標。(ここは河内街道と交差する地点)。
古堤街道は現在の阪奈道路の前身といわれています。
PICT1507.jpg
寝屋川と恩智川が合流する地点に住吉神社(小さな神社)がる。昭和47年の大水害で川岸は大きく変わってしまった。「角堂浜」(現在の「住道」の由来)と呼ばれていたこの地域は野崎参りなど舟運送が盛んなころ賑わっていたらしい。

「住吉神社」
住吉さんと親しく呼ばれている当社は、昭和初期には寝屋川岸につき出して建てられていた。船運送が盛んであった頃、荷物の集散地として寝屋川筋には観音井踏浜、津之辺浜、恩智川筋には中垣内浜、寺川浜などがあった。それらをさらにまとめたのがこの地、角堂浜(すみのどうはま)であった。
大阪市内と北河内、大和の荷物が此乎に角堂浜(すみのどうはま)に集荷されたといえる。また運送だけでなく、野崎まいりや生駒宝山寺への社寺参詣にも船が利用されたりもし、角堂浜(すみのどうはま)は大いに賑わっていた。住吉神社は、このような舟運との関係上、航海守護の神として住吉大社から勧請したものであろう。住吉神社があるこの地が、「すみのどう」地名の由来地であるともされている。現在の住道の繁栄の基は、当神社付近の角堂浜(すみのどうはま)からと言えよう。 -大東市-

PICT1510.jpg
左が寝屋川、右が恩智川。(ここに落ちたらつかまるところがない)
PICT1520.jpg
古堤街道は鴻池新田までは旧街道の面影が残っている。
大和川の付け替え工事が行われる前までは、この地域には「新開池」という大きな池があり、古堤街道はこ池の北側のほとりを通っていた。


(鴻池新田会所跡)観覧料大人300円
PICT1522.jpg
JR鴻池新田近くにある「鴻池新田会所跡」。
豪商鴻池家が大和川の付け替え工事が行われた後にできた「新開池」の跡を新田として開発し、新田を管理運営する場として使われたところです。
PICT1545.jpg
新田開発の歴史、当時新田で使われていた道具、生活用具などが展示されている。
PICT1532.jpg
新田会所内の庭、江戸時代初期の庄屋屋敷の庭園造りだそうです。
PICT1529.jpg
少し危険な石橋もあります。
PICT1537.jpg
新田内につくられた水路をこの舟(井路川舟)で穀物や荷物を運んだらしい。


(水郷の里「御領」)
水郷の里「御領」の水路にはあの舟(三枚板)は・・・。
PICT1550.jpg
この地域は低湿地のため古くから用排水路(井路)が縦横に走り、運搬手段の中心として「三枚板」と呼ばれる小さな舟が活躍していたそうです。やはり水路には小舟(三枚板)は浮かべてなかったですね、ずいぶん風情が違うけどなー。

水郷の里・御領

この雲行き・・・です、遠出もできないので近場にある「水郷の里・御領」へ。
PICT4047.jpg
JR住道駅前(右手)、向こうに見えるのは生駒山です。
左手(北)からの寝屋川と旧大和川の流れを継いでいる恩智川が右手(南)から合流する地点です。
大和川の付け替え工事が終わると、大東地域においても深野池等で新田開発が行われ、寝屋川から引いた用水路を農具や作物等の輸送のため、三枚板といわれる田舟が家と田の間を行き来していました。水害時においても荷物を高い位置に避難できるように階段状になった段蔵で貯蔵されていました。御領の水郷は今なお昔がしのばれる懐かしい街並みが残ります。(CP)

PICT4039_20100620205605.jpg
水路に浮かべてあった「三枚板」といわれる小船は最近無くなっています。
go6.jpg
(上の写真には「三枚板」といわれる船が写っています)
PICT4028.jpg
段蔵造りと呼ばれる建物で浸水を防ぐため石垣の上に建物は建っています。
PICT4044_20100620205605.jpg
井路へ降りる階段が残っています。
PICT4026_20100620212352.jpg
水路も埋め立てられ景観も徐々に消えつつあると感じていましたが、
嬉しいですね、水路沿いに遊歩道が完成していました。
PICT4034.jpg
ここは以前、埋め立てられていた場所です。
PICT4035.jpg
水路も以前はどぶ川のイメージでしたが、ごらんのとおり「せせらぎ水路」に変身!です

水郷の里・大東市御領

大東市御領・「水郷の里」です。
御領は、旧深野池の西側に位置し、昔は水郷地帯でした。低湿地のため水路が縦横に走り、運搬手段の中心として三枚板と呼ばれる農業用田舟が、活躍していたそうです。御領村の井路沿いにはから物資舟から物資を直接出入出来るような段倉(浸水を防ぐため、一段高いところに設けられた農作物や生活用具の収納庫)という倉が建てられ、その倉が現在も見られます。(大東市)
7_20091102181214.jpg

14.jpg
倉は浸水を防ぐため高くなっています。
15.jpg

17.jpg
物資を運び入れていたところ。。
19.jpg

21.jpg

23.jpg

34.jpg
近くの菅原神社。境内には大東市が保護樹木に指定しているクスノキがあります。
43.jpg

45.jpg
三枚板と呼ばれる農業用の舟は小型のボートみたいなものだったようです。
維持するのは大変ということを知りながら・・いつまでも残して欲しいものです。
プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身、現在は大阪府東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード