FC2ブログ

昭和の折り畳み自転車

倉庫に眠っていたという「ブリジストンPICNICA」と言うらしいが、小径の折りたたみ自転車を馴染みの街の自転車屋さんから「いらんか?」ということで、もらいました。1980年代のモデルで、12インチ、当時は珍しかったらしい価格が47800円・・・は高い!。
この時代の折りたたみ自転車は少ないとか、昭和のレトロ自転車ですね。
「折りたためるか?」
最初はどうしても自転車を横に折りたたむ発想しかなく教えてもらいました。
左右の後部ステーを片手で内側へ握りこみながら上から抑え込むという折りたたみ方です。
なるほどワンタッチでたためる構造は面白い。
乗り心地、安全性は勿論現代の自転車とは比較できません。インテリアとして飾っとこうか?
錆付いてる部分も多いしボチボチ磨いてみよう・・・。
DSCN7282.jpg

DSCN7285.jpg

DSCN7284.jpg

DSCN7290.jpg

DSCN7286.jpg

DSCN7287.jpg

DSCN7274.jpg

折りたたみ自転車をいただいた

夕凪サイクリングクラブのSIさんから折り畳み自転車をいただいた。
アサヒサイクルの20インチ406、アルミフレームはダホンのヘリオスと同じ設計。
DSCN6900.jpg
↑(Before)

↓(After) 家族で乗れるように少し手を加えてみた。
DSCN7006.jpg
ハンドルをドロップハンドルからフラットバーに交換、ケーブル類も全て交換した。
DSCN7007.jpg

DSCN7010.jpg
↑Vブレーキは車輪がロックするくらい効きすぎるのでシマノのパワーモジュレータを取り付けた。
取り付け方は付属のシマノの説明書を見るよりネットからの情報がはるかに分かり易い。
DSCN7014.jpg
↑タイヤは手持ちのシュワルベに交換。テールライトはこの時期日が暮れるのが早いのでキャットアイの自動点灯(点滅)式を取り付けた。

小径車はタイヤが小さく加速力があるので街中では軽快に走れる。
私の玩具になりそうな気配?

ブレーキアウター交換

早速、先日購入したビンテージ・ブレーキアウターに交換した。
DSCN6788.jpg
インナーワイヤーを通してカットすると中のライナー管もつぶれずにケーブル端の修正が簡単にできる。
DSCN6791.jpg

DSCN6792.jpg

DSCN6795_2018100714493563f.jpg


DSCN6779.jpg
ブレーキレバーを引いてもスムーズに動く・・・全く問題ない!。
DSCN6780.jpg

DSCN6778.jpg
アウターの構造の違いもあるのでシフトアウターにブレーキアウターを代用するのはやめた。

ビンテージブレーキアウター購入

走りもせんのに?衣替えばかりやってます。
まだヘタっているわけではないのに今回はブレーキアウターを購入。
DSCN6744.jpg
ヤマト運輸(ネコポス)で送られてきた。
DSCN6745.jpg
イメージしていた色と少し違っていたが・・・
DSCN6747.jpg
ビンテージブレーキアウター・イタリアン/ジャッロイエロー。
DSCN6753_20181004212728fa9.jpg
左は現在使用しているアウター、
右が「1950年代のイタリア車で最も用いられていた表面のメッシュ柄が特徴的なユニバーサル社ブレーキアウターの現代版」・・・という。
DSCN6756.jpg
ケーブルの内径が異なるなど違いがあるが性能は現代のものと変わりないようだ。
内径が大きい分すべりが良くなるか?シビアなシフト用には向かないか?
同色のシフト用アウターが販売されてないのが残念。

ブレーキレバーパットの交換

アジャスター付のブレーキレバー、ビンテージ・グランコンペGC-162にピッタリ合うパットは今はない。
アウター受け部を少しカットすれば代替品として使えるダイアコンペのレバーパット144.7を使用することにした。
DSCN6681_20181001195128c4c.jpg
ダイアコンペのレバーパット144.7は手に入りやすい。
DSCN6687.jpg
レバー開口部を現物に合わせてニッパーでカット。
DSCN6688.jpg
アジャスターボルトの頭が少しだけ出るようにアウター受け部を3mm弱カッターでカット。
DSCN6698.jpg

DSCN6691.jpg

DSCN6702.jpg
アジャスターナット挿入には潤滑のためにグリスを塗布後ナットを締めこむとすべりもよい。
DSCN6704.jpg
アジャスターナットは最後まで締めこむ。(素手で締めこむのは少しキツイ)
DSCN6706.jpg
キャップとパッドの間に隙間がなくピッタリおさまりました。
(アウター受け部を3mm弱カットするのがコツ)
DSCN6713.jpg
ハンドルバーに取り付けて・・・
DSCN6726.jpg
作業完了!
プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身。
現在は東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード