FC2ブログ

伏見の町並み

月桂冠や黄桜などの酒蔵業、高瀬舟、坂本龍馬が襲撃された寺田屋など、見所の多い京都伏見です。歴史は1594年秀吉がこの地に城を築いたあたりから始まります。城下町はその後すくに地震で壊滅してしまいましたが、淀川沿いの交通の要所に立地していたのに加え、洛中二条と結ぶ高瀬舟運河を開削したことにより、伏見は在郷町として復興することになりました。酒造業の歴史は比較的新しく、日露戦争以降からその生産量を伸ばしていきました。
町並みはこれら酒蔵がメインですが、寺田屋がある一帯にも昔の町家が残っています。-cp-

淀川河川敷
淀川アクアシアター1

淀川アクアシアター2
「淀川アクアシアター」水辺のイベントステージです。

伏見の町並みです
酒蔵1
そこらに酒蔵が建ち並んでいます。歩道と車道の段差がないので自転車も走りやすいように思います。

酒蔵3

酒蔵2

酒蔵4

壕川1
壕川です。水もきれいです。
酒蔵の多くはこの濠川に接して建てられ、明治の終わり頃まで米・薪炭・樽材などの原材料がこの濠川を上下する十石舟で運ばれていたということです。

壕川2

酒蔵6

SANY0026.jpg

三十舟

SANY0014_20090930195010.jpg

寺田屋です
寺田屋
現在でも宿泊できます。全館禁酒禁煙、素泊まりで6500円だそうです。

幕末の寺田屋での二つの事件:
寺田屋騒動: 
文久2年(1862)4月23日、島津久光候(藩主忠義の父)が1千名の薩摩藩兵を率いて上京したことが事の起こり。この時、急進派の薩摩藩士を含めた諸国浪士など数十人の尊攘派が集まり、幕府誅伐の過激な計画を実行しようとして寺田屋に集まっていました。鎮圧側は上意討ちの許可が出ているために、藩邸への同行を頑なに拒否した急進派藩士の有馬新七以下数名を、その場で斬殺せんと及んだ為に、激しい剣戟を伴う乱闘になった事件。要するに、薩摩藩の同士討ちという藩にとって恥ずべき事態が起こったというもの。

坂本竜馬襲撃: 
寺田屋は坂本龍馬とおりょうさんとの恋の宿としても知られています。慶応2年(1866)1月23日、薩長同盟の締結した翌々日に百数十人の伏見奉行配下の捕り方が寺田屋を急襲しました。異変にいち早く気づいた婚約者のおりょうは、入浴中にも関われず、素っ裸に近い状態のままで裏階段より龍馬たちに急を知らせ、龍馬は所持したピストルを利用して多数の捕り方相手に大乱闘となり、手傷を負いながらも屋根づたいに逃げました。その後、竜馬とおりょうは鹿児島へ逃れ、竜馬の傷を癒す為にしばらく鹿児島で過ごした二人ですが、これが日本初の新婚旅行といわれています。
プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身。
現在は東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード