「旧生駒トンネル」廃線跡

大阪と奈良を結ぶ近鉄奈良線「旧生駒トンネル」廃線跡。

奈良線の生駒トンネルは1914年(大正3年)に、近畿日本鉄道(近鉄)の前身である大阪電気軌道(大軌)により開通した。開通当時は中央本線の笹子トンネル(4,656m)に次いで日本2番目の長さであり、また日本初の標準軌複線トンネルであった。その後、1964年(昭和39年)に南側に並行して新生駒トンネルが開通したためこのトンネルは使用されなくなった。(CP)
DSCN3777.jpg
今は中に入ることができないので金網の外から見学するだけ。
DSCN3765.jpg
トンネルは大正3年から昭和39年まで使われていた。
DSCN3761.jpg
生駒山の中腹の「石切」界隈はさすがに激坂ばかり・・雪でも積もったら大変なところ。
DSCN3795.jpg
東高野街道と暗越奈良街道が交差する地点にある道標。
DSCN3786.jpg
暗峠への登り口・・今日は見上げるだけ。
DSCN3785.jpg
火器を使った昼食で暖をとる。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身、現在は大阪府東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード