東大阪は日本の歴史の始まり?

PICT1146.jpg
後方は生駒山です。
PICT1147.jpg
日本の中心は大阪で日本の歴史の始まりは東大阪市の生駒山のふもと「日下(クサカ)」にあるというお話です。
古代の文献、『古事記』や『日本書紀』の神武天皇東征の物語に、皇軍が日向から筑紫を経て現在の瀬戸内を通って今の大阪湾に到着し、大阪湾のさらに奥、生駒山のふもと日下の入江にあった「白肩の津」に上陸したと書かれています。
「白肩の津」とは現在の日下から枚岡にかけての港だったようです。
皇軍は、大和へ入るため、一度は南下して龍田に出ようとしましたが難行して再び引き返し、直ちに東へ向かって膽駒山(生駒山)を越えようとしましたが、これを知った長髄彦(ながすねひこ)は、[孔舎衛坂(くさえざか)]で激しく防戦したため、皇軍は戦利なく後退し、兄の五瀬命(いつせのみこと)も負傷された。これは、東方の日(太陽)に向かって進んだための不吉である、として草香津へ引返し、盾を立て並べて雄叫びしたので、この津を「盾津」と改めた・・・・というお話です。(CP)
学校名などはいまでも古代の地名「孔舎衛」と表示されています。
『古事記』の時代にさかのぼりますが興味があれば詳しく調べてみてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身、現在は大阪府東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード