アンカーネオコットRNC7

My Bike.
PICT1151.jpg
フレームはブリジストンが開発したフレーム「Neo Contour Optimization Theory、ネオコット(Neo-Cot)」、
アンカーネオコットRNC7。
PIC3.jpg
トップチューブが朝顔のように綺麗なフレア形状になっています。
PIC2_20100206182529.jpg
この加工には、金属の円柱を使ったシゴキ加工(スピニングバテット)・チューブ両端を塞いだうえで液体を満たし、そこに加圧してふくらませて形状を変化させる(バルジフォーミング)・最後に両端をレーザーでカットして精密な切断形状を確保するという何段階もの工程を要しているそうです。
PICT1159.jpg
カーボンフォーク。
PIC31.jpg
職人の手作業によるために量産効果を見込めない名作フレーム。
PIC4.jpg
こんな路面でも・・しなやかな走り、クロモリのすばらしいところ。えーやん!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身、現在は大阪府東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード