暗越奈良街道

江戸時代にはお伊勢参りのルートとして栄えた生駒山を越える暗越奈良街道。
(自転車は峠までほとんど押し上げ)
SANY0003_20110122180652.jpg
恩智川に架かる水走橋(向こうが大阪側)、暗越奈良街道はここ水走橋から生駒山を越える。
SANY0006_20110122180652.jpg
暗越奈良街道と南北に走る東高野街道との交差点(道標)。
SANY0017_20110122180651.jpg
枚岡公園内、これが国道(酷道?)308号線、暗越奈良街道の激坂。
SANY0020_20110122180651.jpg
「松尾芭蕉句碑」
奈良から大坂に向かって暗峠を越えました。
その時詠まれたのが「菊の香に くらがり登る 節句かな」の句です。
この暗峠越えが芭蕉最後の旅となり、大坂に入ってまもなく、10月12日に亡くなりました。
その後、芭蕉の百年遠忌を契機に、蕉風復古の気運が高まり、寛政11年(1799)地元豊浦村の中村耒耜(らいし)によって、暗峠の街道筋に「菊の香に くらがり登る 節句かな」の句碑が建てられましたが、山津波により倒され、いつしか行方がわからなくなっていました。
このままでは芭蕉の旧跡が忘れ去られるとの想いから、明治23年、俳句同人六郷社の有志によって、自然石の表面に大坂の豪商平瀬露香の筆により再建したのが、この俳句です。
句の最後の「はせお」とは芭蕉のことです。
(東大阪市)
SANY0027_20110122180650.jpg
生駒山の中腹位か、東大阪市が眼下に見える。
SANY0032_20110122181228.jpg
気温3度、止まれば寒い。厳寒のこの時期、この激坂も意外と苦にならない?
rSANY0034.jpg
電動自転車でスイスイ上っていく人が・・・。(電動自転車はこの激坂でもを上れるのか!)
SANY0041_20110122181227.jpg
激坂もここまで峠の集落が見えてきた、狭い道路が国道308号です。
SANY0043_20110122181226.jpg
国道308号から(国道には見えない・・庭先の道路?)、大阪側の眺め。
SANY0045_20110122181226.jpg
峠の少し手前にある灯篭。
SANY0049_20110122232536.jpg
灯篭の台石には盃状穴(”はいじょうけつ”といわれるくぼみ)が彫られている。
SANY0063_20110122182103.jpg
暗がり峠到着、枚岡公園から1時間位か。(上の写真は大阪側)
SANY0064_20110122182103.jpg
峠にはわらじのドロを落としたといわれる石畳が敷かれている。
SANY0066_20110122183006.jpg
峠の茶屋で一服。(コーヒー、お酒、軽食もある)
向こうに見える白いガードレールは信貴生駒スカイラインスカイライン。
SANY0078.jpg
峠から一気に下ります!。奈良盆地が遠くに見える。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

此処は地獄

こんばんは。

昔の話ですが私は枚岡の方からではなく南生駒からハイキングで歩きましたがとてもきつかったです。

枚岡の方からだと余計傾斜もきついし身体にこたえたんじゃ
ないでしょうか。

No title

こんばんわ。
当日もハイカーの方が何人もおられました。自転車をみるとびっくりされているようでしたが。大阪側の上りもきつかったですが、奈良側の下りもブレーキレバー引く手がしびれてしまうほどの坂ですね。上りは担ぎがないだけまだましかとも思いながら・・。
プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身、現在は大阪府東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード