住道駅前の住吉神社

JR住道駅前、北からは寝屋川、南東からは恩智川が合流するところの堤防の下にこじんまりとした「住吉神社」がある。
小さな神社の横の階段を上がれば、寝屋川をまたいでJR住道駅前の広場へ通じる橋の上に出る。
大和川付替え工事(1704)以前は、旧大和川の一支流であった玉櫛川の水も流れ込んで大きな深野池が広がり、付替え後は大阪商人などの資本による新田開発によって広大な新田へと生まれ変わった地域である。
住吉神社の横に設置された説明板には「この地は角堂浜(すみのどうはま)とよばれ、大阪と北河内・大和の荷物が一手に集まり、野崎まいりや生駒宝山寺への社寺参詣にも舟(剣先舟)が利用されたので、大いに賑わっていた・・当社はこのような舟運との関係で、航海守護の神である大阪でも有名な住吉大社から勧請されたものであろう・・」と記されている。
DSCN9024.jpg

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身、現在は大阪府東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード