加納東公園内の石橋

恩地川沿いの加納東公園内の散策道にある石橋は、慶安年中(1648~1652)当時、日下村を支配していた曽我丹波守古祐が領主の負担で架けた「とくさ橋」です。
「とくさ橋」は現在の「盾津橋」あたりに架けられていました。
現存するこの橋は、明治3年に架け直された石橋の一部が保存されているものです。石橋のそばにある高さ一メートル余りの「道標」には、東面に「左 平野御本山 八尾 久宝寺」 南面に「右 日下大龍寺 野さ記観音 道」西面には「弘化二乙巳歳 布市村 惣他力」と記されています。(CP)
加納東1

加納東2

加納東3

恩智川に架かる盾津橋(加納東公園近く)
恩智川に架かる、現在の「盾津橋」(加納東公園)
旧道1
盾津橋から生駒方面への旧道跡。
旧道2
外環の下がトンネルの歩道となっています。
旧道3

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身、現在は大阪府東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード