田舎から「嬉野茶」が届いた!

今年も田舎から新茶(嬉野茶)が届いた!いつもありがとう。

佐賀県西部にある温泉の町(嬉野町)の名物といえば「嬉野温泉」と「嬉野茶」。
霧深い山々に囲まれた盆地はお茶栽培に適していて、全国有数の生産量を誇っています。

その「嬉野茶」の発展に幕末に生きた一人の女性が大きく貢献したと言われています。
彼女の名前は「大浦慶(おおうらけい)」、「嬉野茶」の輸出で財を成した長崎商人であり、坂本龍馬ら幕末の志士たちと深い親交があったことでも知られています。
大浦慶(お慶さん)は長崎の商家に生まれ、26歳で日本茶の輸出を計画、嬉野を中心に九州一円からお茶を集め、アメリカ・イギリスなどに送り出し、巨万の富を得ました。
その陰で、坂本龍馬や大隈重信、松方正義、陸奥宗光ら幕末の志士たちに「活動資金」を提供しました。
「大浦慶(お慶さん)がいなかったら明治維新はなかった」と言う人もいるほどです。(嬉野茶伝)
DSCN5853.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

お茶の季節ですね、先日、木津にキャンプポタに行った時も、周辺に茶畑が沢山有って、懸命に収穫されていました。
黒い遮光ネットの中の作業は大変な様子でした。

Re: こんにちは

RAJYAさん

こんばんは。
この時期のお茶の収穫は炎天下の中での作業なので大変ですよね。
私の実家も昔は生産農家でしたが今はやってません。
お茶の専業生産農家も少なくなってきていると言ってました。
プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身、現在は大阪府東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード