ミナミ沼エビが産まれた

イタチに襲われたメダカの水槽にはメダカの卵とミナミ沼エビが生き残っていた。
メダカは孵化し、今ではすくすくと育っている。
メダカの方にばかり気を取られていたがミナミ沼エビも産卵し孵化して姿を見せてくれた。
水質が合わないと難しい淡水のエビ類、最初は苦労した。ミナミ沼エビは水槽の中のメダカのエサの食べ残しなどを食べててくれたりして水槽の掃除をやってくれるのでメダカと一緒に飼うのに適している。水質も安定して水槽にもなじんで産卵したのだろう!めでたいことだ!
DSCN5877.jpg

DSCN5881_20170709111444b12.jpg

DSCN5880_2017070911131122b.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

南沼エビが残って居たのですね、エビの方が襲われ易いのかなと思われますが、そうではないとは。
産卵して増えているのは、メダカは卵に悪さしないのですね、良い組合せですね。

我が家の水槽は、掃除係りの魚ばかりなのでエビさんの出番はないです~。

Re: こんにちは

RAJYAさんこんばんは。

南沼エビはメダカの水槽に最適といわれますね。エビはいつもは鉢底にいるので目立たないです。
水質がよくないとエビはすぐに☆になってしまいます。
「Micro-X」というろ過材を入れてから水質が大きく改善されたように思います。
プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身、現在は大阪府東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード