盾津飛行場跡

盾津飛行場跡地
1934年(昭和9)に完成し、第二次大戦の終戦とともに閉鎖されたのが盾津飛行場です。
飛行場は南西から北東の方向、生駒山に向けて滑走路が延びていたそうです。大きさは、当時の伊丹や八尾飛行場とほぼ同じ大きさだったそうです。飛行場は正式名称とは裏腹に、軍関係で使用されたことは少なく、むしろ民間のグライダー航空競技大会や訓練に使用されていたようですが、ここで訓練を受けた学生たちがのち特攻隊員として南の海に消えて行った悲しい話もあります。

盾津飛行場は終戦後の1947年(昭和22)、北側の一部が新設の盾津中学校の敷地になり、中学校の開校当初には、飛行機の格納庫や飛行機の残骸が残っていたそうで、その他の用地は1950年(昭和25)、払い下げが実施され、もとの農地に戻りましたが、農耕には向かず一括して大阪府が買い上げ、現在のトラックターミナル用地、機械団地となっています。(CP) 

盾津飛行場跡1

盾津飛行場跡4

盾津飛行場跡3

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もっこうばら

Author:もっこうばら
嬉野温泉と嬉野茶で有名な佐賀県嬉野市嬉野町吉田出身、現在は大阪府東大阪市に在住。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード